2019年9月26日木曜日

ちょっと再来。

長年使ったMacbookが壊れてしまって
社長のご好意で借りていたMacもそろそろお返ししなければ....
と思い、新しく最新のMac book airを買ってみる。

びっくりするほどサクサク動き、なんて綺麗な画面...
充電器がふた回りも小さくなってる....
浦島太郎気分でした。

そして久々、このブログをみてたら
こじんまりした字がいいなあと思って
またこちらに書いてみている次第です。


日常は瞬く間に過ぎていって、
三年前くらいの日記で光のよう、と書いていました。

毎日私も変わっていって
それは顕著に作品に投影されたりする。
日常と密接してるから。

作り続けるって何だろう。
どうしてこれが作りたいんだろう。
と、考え始めればどんどんわからなくなる。

でもいつも、何かを作ろうと思う時には
その先に「見たい」と思う欲求がある。
絵から糸に起こす時、手間をかけるのはなぜ?
きっと、もうひとつ何か見えるから。

私の向こう側で、光る何かを捉えられそうだから。

それに向かって縫ってるんだと思う。
たぶん。
アテがないから、途中不安になって足踏みするけど
片鱗が見えて、ああここかーこれの着地は。
って思うと嬉しさとじわじわする何かが
こめかみや鎖骨の後ろ、二の腕のあたりからじんわり降りてくる。

また11月に目黒の金柑画廊で展示をします。
どんな景色になるのかまだわからないけれど
縫うたびにここにあるなあと感じています。
(何だろう。。)

秋、いい季節です。
一緒に暮らした友人がベッドに向かって
秋だー!と喜んでダイブするのを思い出す季節です。

たくさん縫います。



hoshi mitsuki




2019年2月14日木曜日

New NIKKI

日記ページを下記に移行してみました。

ちょっとお手間ですが...

時たまのぞいてみてください。


✏️ https://note.mu/hoshimitsuki



hoshi mitsuki

2017年1月15日日曜日

春に向かって

春に向かって、
今作品の構想を進めています。

ここに来て
やっと冷え込んで来た
関東の冬とは裏腹に、
解けてゆく春に想いがすすみます。

手を動かしてみないことには
まだ何も分からないけれど、
頭の中で描いたものは
きっと形にできるから、
色と光と空気と匂いを頼りに
スタートします。

頭の中のことを、
紙や布の上に広げた時に
涙が目に溜まるのはなんでだろう
鼻の奥とこめかみがツーっとして
急いで奥にしまい込む。
(だいたい外ですから)



昨年の色んなことを
ボヤンボヤンと思い返す
ボヤンとした年明けもおしまい。

また1年たくさん走ります。

2016年12月23日金曜日

宝石




今年も残すところあと少し。
思い立って駆け足で金柑画廊へ走った1年の始まり。

自分の内側に貼り続けていた色んなことを空間いっぱいに貼り巡らす。
少し時間が経った今、思い返してみるともっとたくさん外に出したいことがあったようにも思えたり。

でも、watashi no ki から感じて体の中に溶け込んだ
景色や感触、気持ちや大切な人たちの暖かさは、
私にとって宝石のような宝物になった。

いつでも自分次第だと思う。
足を伸ばしてひょいっと馴染みの場所を出れば新しい出会いがあって、
人と流れる空気に暖かさを感じる。

夏に盛岡を訪れることができて本当によかった。

人生は本当に物語のようで、同じ波もあれば強弱をつけてやってくる波もある。


涙が溢れるような優しい時間が訪れることがとても嬉しい。

目の前に広がる景色も、日常の発見も、色や音や匂い
心の栄養をいつも大切に。

また来年。
私らしくズンズン進みます。










2016年7月17日日曜日

さばーくの夜。

そういえば、こないだ柴田聡子さんのライブを見に行ったんだった。
誕生日も近いし、ちょっとだけご褒美によいかなと思って。
ライブハウスもクラブも、人がユラユラしてるところは、
どうしたらよいのか分からなくて普段全然行かない私。

でも行ってみたら、ものすごいユラユラする私。
今日初めてやるんです〜と言ってエレキギターを掻き鳴らす柴田さん。
自分に合ってるカヴァー曲をよーく知っていて、ピカイチの心地よさ。

記念切手をもらって帰るライブハウスの帰り道。

夏。なんだか不思議な夏。


でも、なんだかとっても大切な夏。

2016年5月1日日曜日

watashi no ki


時間の経過はとても早い。
光のような速さ。

私はいつも1つの山を越えるたんびに、
またもう一歩あゆみ出すまで一ヶ月かかる。
1週間で戻るでしょうと思っていても、気付いたら一ヶ月。

でもやっとこさ、あのへんてこなリズムの中へするりと戻れそう。
頭からシャワーを浴びながら、周りの人が私をまたこのリズムの中に戻してくれたんだなと思う。

人に支えられて私らしく毎日を過ごしている。
大事な事なのだ。


とてもとても遅くなってしまいましたが、
忙しない毎日の中、個展へ足を運んでくださいましたみなさま。
あたたかく見守ってくださったみなさま。
本当に感謝です。

私の中で、ひとつ新しい一歩と挑戦だった今回の個展。
空間いっぱいに自由にわがままな二週間。 
見てくれる人たちにどう映ったんだろう。

「watashi no ki」
私の頭の中の実のなる木。
テーマは持たずに今私の脳みその中に散らばる実を、鈍く光る彼らを外の世界に出してみた。
それでよかったと思う。



赤い花はゴミ箱を照らすスポットライトのよう。
ゴミ箱だけどゴミ箱じゃない。
毎日はおもしろいのだ。



2016年3月26日土曜日

晩ご飯

伊丹十三の「お葬式」と小津安二郎の「お早う」を観た。
対照的なタイトルなのにどこか近しさを感じた夜。

夢の中のような金柑の日々も、あと2日。
昨日晩ご飯を共にした友人と、とても大切な出来事があった。
言葉にしてしまうと、なんだかもったいないのでしまっておこう。